仕事のための人生か?人生のための仕事か?~七転び八起きのワーキングマザー日記

tanetane.exblog.jp ブログトップ

女と仕事

1月27日(木)  仕事と恋愛と結婚  rawFruitさんから、トラバ。

結婚後の仕事について、相変わらず悩んでいます。(明るくですが)

女が仕事を当たり前にするようになると、必ずこの悩みにぶつかると思う。「職業」を意識し始めたとき、「結婚後」も同時に意識する?どんな風に働きたいか、どんな自分になりたいかをまず考えて、職業を漠然とイメージします。

昔友人が、「結婚しても働きたいから、資格を取るか、公務員がいい」と言っていた。しかも、中学校のときに。そのときは、結婚なんてまだ先だし、自分のやりたいことをやりたいなぁと思ったことを覚えています。今、その彼女は、資格を取って、共働きで幸せな家庭を築いている。子供を生んだら、その資格を生かして、どこかの役所に勤める予定だそう。着々と予定通り人生を歩んでいる。こんな人生もあるんだな。

私は公務員とはある意味真逆の会社。完全なる実力主義で、変な話お給料も半年ごとに激変する。だけど、年齢に関係なく、やってみたいこと、意味のあることには常にチャレンジさせてくれる。正直、その分すごくしんどいし、事実、体を壊して、いわゆるコースからは外れてしまっているかもしれない。だけど、この数年間は貴重な時間だったし、後悔してない。

多分、私が昔描いていた働く姿から、かけ離れてはいない。「何がやりたい?」と自分に正直にといてきたし、その証がある。ここまでは、想像していた・・・。

子供を生んで、だんな様と笑顔のたえない家庭にいる45歳ぐらいの自分は想像できるんだけど、その中間が想像できない。

女が仕事に真剣になったとき、バランスをどうとっていくのか、もちろん学校では教えてくれない。学校で教えるかは別としても、ライフプランの選択肢を想像させる教育は大切だよね。
もしかしたら、それは親の役目かもしれないけど、母親を早くに亡くした私のような人もいるはずだし、女性がこれだけ社会で活躍しているんだから、もっともっとそんな風潮があってもいいと思う。すで盛り上がっているのかな??

うちの猫↓。何も考えてないんだろうなぁぁ~。
c0015629_121029.jpg

[PR]
by tanetane0821 | 2005-01-31 23:56 | 別居婚
line

結婚して、妊娠して。いろいろあるなぁ。→まわりに甘えることを覚えて、感謝して、おかげさまで、の人生を。まだまだ器が小さい働く母の日常


by tanetane0821
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30