仕事のための人生か?人生のための仕事か?~七転び八起きのワーキングマザー日記

tanetane.exblog.jp ブログトップ

これからの仕事のこと

寝てもさめても、式のことばっかり考えていたここ数ヶ月だったのですが、
今は、これからの仕事のことで頭がいっぱいです。

はぁぁぁ・・・・・。

私にとって、「働く」ということはすごくすごく重要なこと。
就職活動のときから、いや、そのずっと前からどんな仕事をしたいか、
社会とどんな風に接点を持ちたいか考えていました。

だから、結婚ってすごく非現実的だった。

でも、一方、普通の家庭に育って、母親のような女性(専業主婦でした)になりたいと思って生きてきました。

「いつか結婚しよう」という思いと
「一線でそれなりのポジションで、影響力のある仕事をし続けたい」という思いが
常に存在。

ただ、体を壊し、人生にとって何が一番大切かを、心の底から実感して、
彼と結婚したいと思った。働きたい私を分かっていた彼は、
タイミングが来たら一緒になろうと言ってくれていたけど、決して
結婚を急いだりせず、待っていてくれました。

そんな彼に、彼と一緒に、
些細なことに「一緒に笑ったり、泣いたりする時間」を共に過したくて、
私からプロポーズした。

だから、今は結婚することに、1ミリも迷いはない。

だけど、仕事のことで、すごくすごく悶々とします。

働きたいなら東京にいたい。
だけど、彼と一緒にいたい。
でも、東北には私の望むような仕事はない(探せない)。

今の会社で異動できれば一番幸せなのですが、
それが叶うには、とても時間がかかりそう。
もしくは、雇用形態を正社員から契約社員に変えれば、可能。

でも、小さい自分が、正社員にプライドを持ってしまっている。
そんなこと、たいしたことないって、頭では思うけど、
自分に自信がなくて、そんな概念にとらわれている。

どうしたいのか分からない。

少し気持ちが病んでいるのかもしれない。

こんなんじゃ、おもてなしのウエディングなんて程遠い・・・・。
[PR]
by tanetane0821 | 2005-01-27 00:29 | 別居婚
line

結婚して、妊娠して。いろいろあるなぁ。→まわりに甘えることを覚えて、感謝して、おかげさまで、の人生を。まだまだ器が小さい働く母の日常


by tanetane0821
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30