仕事のための人生か?人生のための仕事か?~七転び八起きのワーキングマザー日記

tanetane.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

家族

みなさん、温かい励ましのお言葉ありがとうございました。
おかげさまで、父は大事に至らず、無事退院いたしました。本当によかったです。ホッとしたら、激しい疲労感でいっぱいです。過度の疲労とストレスが原因だったとのこと。

今回のことであらためて”家族”について考えました。

私と父は、母が亡くなるまではほとんどコミュニケーションがなかったのです。嫁に行くときに、手紙を書いたり、とっても仲のいい父娘のようですが、お互いを、少なくとも私が父を、
思いやれるようになったのは、ごくごく最近です。

ずっと反発してた。お母さん子で、なんでも母に相談してた。母が大好きだった。仕事で忙しく、かつ、家庭を省みない(ように見えてた)父のことが嫌で仕方がないときもあった。母が亡くなったにもかかわらず、実家を出て、東京で一人暮らしをする私に、帰省するたびに小言を言う父が嫌で、帰らない時期もあった。

昔感じていた父への感情は、正直まだ消化し切れていない部分もある。
だけど、自分が家族を持つことで、父に優しくなれていた。だけど、昔の日記を見ると、やっぱり許せないと思うこともあった。

だけど、今回のことで、やっぱり私は父の娘なんだと思った。

心配で、心配で、居てもたっても居られなかった。気づいたら仙台に向かっていた。
昔、父のことは一生許せないと思ったこともあったけど、そんな感情は吹っ飛んでいた。

家族ってそういう存在なんだと感じます。その時々にいろんなことを感じるけど、でも、やっぱり大事な存在で、帰る場所で、世界で一番大切な人たち。

今回のことを彼に話したら、「俺の”おとうさん”でもあるんだから」と、心配はもちろん、仕事の都合を付けて、看病の準備までしてくれた。心強かった。

こうやって、自分にとって大切な人に囲まれて生きていく。

そんなことを感じた1週間でした。
[PR]
by tanetane0821 | 2005-03-11 00:23 | いろいろ

予期せぬ出来事

父が倒れました。今日の午後、突然弟から電話が来て、とにかく急いで、仙台へ。

救急病院に搬送され、とりあえずは落ち着いてますが、
休日だったこともあり、詳細の検査は明日以降に。
脳梗塞の前兆らしいということだけは分かっています。

あまりに突然のことで、とにかく明日の検査が終わるまでは、
何も分からなくて、今はただ落ち着かなくて、気分を落ち着けようと思って、
ブログを書いてます。

入籍のことで、みなさんから温かいコメントをいただいているのに、
お返事ができなくてごめんなさい。落ち着いたら、お返事させていただきます。

こんなときはとにかく身の置きどころがなくて、落ち着かなくて、どうしたらいいのか
本当に分からない。私がしっかりしなくちゃ。
[PR]
by tanetane0821 | 2005-03-06 23:17 | いろいろ
line

結婚して、妊娠して。いろいろあるなぁ。→まわりに甘えることを覚えて、感謝して、おかげさまで、の人生を。まだまだ器が小さい働く母の日常


by tanetane0821
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31