仕事のための人生か?人生のための仕事か?~七転び八起きのワーキングマザー日記

tanetane.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:別居婚( 6 )

伝える努力・・・話そう!今日の最高と最低

近頃のほっとトピックスが『節約』の私。そんななか、生まれて初めて”主婦雑誌”(勝手に命名)を購入してみました。まさか自分がこの手の本を買うと思っていなかったのですが、わくわくして読んでおります。

そこで、はっとするコラムを発見。収納アドバイザーの近藤典子さんのコラムです。夫婦のコミュニケーションについて書いてありました。

「今日の最高」と「今日の最低」をご主人と話し合うのだそうです。夫婦といえど、ちゃんと伝えなければ自分の気持ちは伝わらないし、うまくいかない。伝える努力は大切である。

なるほどなぁぁぁ~と深く納得。

実は、妊娠が分かってから私は旦那への不信感でいっぱいでした。
「どうして分かってくれないの!」「本当に気配りのできない人」「現状に甘んじている!」
「いつも物事をちゃんと考えてないから、無計画に妊娠しちゃったんじゃない!これからの私の人生をめちゃめちゃにして!!」・・・・・。

More
[PR]
by tanetane0821 | 2005-08-15 15:33 | 別居婚

新たな選択

あと1年、東京に居ることになりました。

これからの人生、仙台で彼と生きていこうという選択は、変わらないけど、
しばし別居婚です。

彼は今仙台ではない地域に勤務しています。仙台にそろそろ異動予定で、そのタイミングで私も支社に異動しようと思っていたのですが、彼の異動が微妙な雲行きに・・・。

私自身、体調を崩し、現在リハビリ中であることや、今の部署でやりきりたいことがあったり、東京にいる間にとりたいと思っていた資格があったりと、いろんなことを考えて、彼が仙台に住めないのであれば、もう少し東京に居て、来年の4月まで別居婚をすることにしました。

離れている分(今も離れているけど・・)、今まで以上に思いやる気持ちをもって生活していきたいと思います。

別居婚の悩みやコツをブログにどんどん書いていくぞ!という新たな楽しみも発見!

人生楽しみます♪
[PR]
by tanetane0821 | 2005-02-16 14:37 | 別居婚

仙台で生きていくという選択

ここ数週間、いろんな人のアドバイスを頂き、少し落ち着いて
仕事のことを考えることができました。

自分の欲求を何もかも手に入れたいと思っていた。だから、東京で働くことができなくなるということだけで、自分のやりたいことは何もできない。すべての可能性を失うんじゃないかって、怯えてました。

でも、やっと、心から、仙台で生きていくということを選択したんだ、と、今思えます。

「何かを選択するということは、何かを手放すということ。」
「何かを手に入れれば、何かを失うということ。」

昔、先輩に言われたことがあります。そのときは、私はすべてを手に入れる。努力すれば、叶わないことはない。そのための努力は惜しまないし、妥協しない。って思ってた。

でも、妥協ということではないんだと、今、思います。
人生って、何もかも手に入れることが幸せではないんですね。

元々とても、強欲で、負けず嫌いで、あきらめるって言葉が嫌いだったりします。
だけど、「本当に手に入れたいもの」ってそんなに多くない。
長い自分の人生にとって、本当に大切なことって、そんなに多くないです。

私は自分が愛する人と生きていくことを選択しました。

でも、それで、「仕事」ができない訳じゃない。
少しだけ、働く条件が変わるだけ。幸い、これだけ時代が変われば、地方でだって
十分に仕事ができるし、すべては私次第。

「選択」をするってことが、分かったような気がして、今は、とてもすがすがしい気分です。
明日から、また頑張ろう!!
[PR]
by tanetane0821 | 2005-02-07 23:37 | 別居婚

女と仕事

1月27日(木)  仕事と恋愛と結婚  rawFruitさんから、トラバ。

結婚後の仕事について、相変わらず悩んでいます。(明るくですが)

女が仕事を当たり前にするようになると、必ずこの悩みにぶつかると思う。「職業」を意識し始めたとき、「結婚後」も同時に意識する?どんな風に働きたいか、どんな自分になりたいかをまず考えて、職業を漠然とイメージします。

昔友人が、「結婚しても働きたいから、資格を取るか、公務員がいい」と言っていた。しかも、中学校のときに。そのときは、結婚なんてまだ先だし、自分のやりたいことをやりたいなぁと思ったことを覚えています。今、その彼女は、資格を取って、共働きで幸せな家庭を築いている。子供を生んだら、その資格を生かして、どこかの役所に勤める予定だそう。着々と予定通り人生を歩んでいる。こんな人生もあるんだな。

私は公務員とはある意味真逆の会社。完全なる実力主義で、変な話お給料も半年ごとに激変する。だけど、年齢に関係なく、やってみたいこと、意味のあることには常にチャレンジさせてくれる。正直、その分すごくしんどいし、事実、体を壊して、いわゆるコースからは外れてしまっているかもしれない。だけど、この数年間は貴重な時間だったし、後悔してない。

多分、私が昔描いていた働く姿から、かけ離れてはいない。「何がやりたい?」と自分に正直にといてきたし、その証がある。ここまでは、想像していた・・・。

子供を生んで、だんな様と笑顔のたえない家庭にいる45歳ぐらいの自分は想像できるんだけど、その中間が想像できない。

女が仕事に真剣になったとき、バランスをどうとっていくのか、もちろん学校では教えてくれない。学校で教えるかは別としても、ライフプランの選択肢を想像させる教育は大切だよね。
もしかしたら、それは親の役目かもしれないけど、母親を早くに亡くした私のような人もいるはずだし、女性がこれだけ社会で活躍しているんだから、もっともっとそんな風潮があってもいいと思う。すで盛り上がっているのかな??

うちの猫↓。何も考えてないんだろうなぁぁ~。
c0015629_121029.jpg

[PR]
by tanetane0821 | 2005-01-31 23:56 | 別居婚

これからの仕事のこと

寝てもさめても、式のことばっかり考えていたここ数ヶ月だったのですが、
今は、これからの仕事のことで頭がいっぱいです。

はぁぁぁ・・・・・。

私にとって、「働く」ということはすごくすごく重要なこと。
就職活動のときから、いや、そのずっと前からどんな仕事をしたいか、
社会とどんな風に接点を持ちたいか考えていました。

だから、結婚ってすごく非現実的だった。

でも、一方、普通の家庭に育って、母親のような女性(専業主婦でした)になりたいと思って生きてきました。

「いつか結婚しよう」という思いと
「一線でそれなりのポジションで、影響力のある仕事をし続けたい」という思いが
常に存在。

ただ、体を壊し、人生にとって何が一番大切かを、心の底から実感して、
彼と結婚したいと思った。働きたい私を分かっていた彼は、
タイミングが来たら一緒になろうと言ってくれていたけど、決して
結婚を急いだりせず、待っていてくれました。

そんな彼に、彼と一緒に、
些細なことに「一緒に笑ったり、泣いたりする時間」を共に過したくて、
私からプロポーズした。

だから、今は結婚することに、1ミリも迷いはない。

だけど、仕事のことで、すごくすごく悶々とします。

働きたいなら東京にいたい。
だけど、彼と一緒にいたい。
でも、東北には私の望むような仕事はない(探せない)。

今の会社で異動できれば一番幸せなのですが、
それが叶うには、とても時間がかかりそう。
もしくは、雇用形態を正社員から契約社員に変えれば、可能。

でも、小さい自分が、正社員にプライドを持ってしまっている。
そんなこと、たいしたことないって、頭では思うけど、
自分に自信がなくて、そんな概念にとらわれている。

どうしたいのか分からない。

少し気持ちが病んでいるのかもしれない。

こんなんじゃ、おもてなしのウエディングなんて程遠い・・・・。
[PR]
by tanetane0821 | 2005-01-27 00:29 | 別居婚

別居婚って・・・・

彼は東北、私は東京に住んでいる現在。

結婚後は私が東北の支社に異動する予定なのですが、
個人の都合で、そう簡単に異動は出来ない感じ・・・。
(当たり前か・・・・。)

10月に結婚を決めて、なんとか4月には異動という話だったのに、
私が東京で、異動になり、新しい部署の都合で、
早くて7月、もしかしたら、来年の1月まで難しいかも・・・・。

今の会社で仕事を続けたいのですが、円満に異動できるのを待っていたら
いつ一緒に住めることか・・・。

できればずーっと仕事を続けていきたいけど、
彼に苦労をかけるのも、違う気がする・・・・。

「お前には別居婚がいいよ」
と上司は言うけど、どうなんだろう・・・・。
[PR]
by tanetane0821 | 2005-01-10 22:57 | 別居婚
line

結婚して、妊娠して。いろいろあるなぁ。→まわりに甘えることを覚えて、感謝して、おかげさまで、の人生を。まだまだ器が小さい働く母の日常


by tanetane0821
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30