仕事のための人生か?人生のための仕事か?~七転び八起きのワーキングマザー日記

tanetane.exblog.jp ブログトップ

褒め上手

昨日に引き続き、ベビーマッサージでの話。

ベビーマッサージを始める前に、自己紹介をしました。
そこで、先生がこれまたオツなことを。

「お子さんの自己紹介をお願いします。お名前と月例。それと、
ひとつ、お子さんの自慢を話してくださいねo(^-^)o」

えーーー、自慢・・・・。

普段から、「かわいいかわいい」息子に言ってるし、
うちの子は世界一かわいいぃ~、なんて旦那と言ってるけど(バカ親)、
いざ、自慢できることって言われると戸惑うし、気恥ずかしい・・・。

それは、ほかのお母さんたちも一緒だったようで、
みな言葉に詰まりながらも、なんとかかんとか自己紹介スタート。

「うちの子はつかまり立ちが○ヶ月でできるようになったんです。」
「誰に会っても笑顔で笑いかける子なんです。」
「おんぶしてたら、ぐずらずいい子にしてます。」

やってみたら出てくるものですね~。その子その子に個性があって、
お母さんの褒めどころのポイントにも個性があって、聞くのもいいものでした。

先生曰く、子供が成長すればするほど褒める機会は減っていくそうです。
いざ、わが子のいいところを聞かれても、「明朗活発・・・・」としか答えられないとか。

確かに、そんな風に人にわが子を褒める機会ってなかなかないですよね。

でも、褒められる側はほんと嬉しくて、とても大きな自信になっていく。
自分の体験でも、褒められたことって覚えています。
ちょっとしたことでも、褒められたほうはものすごい自信になって、
いろんなことに挑戦する意欲がわいてきたり。それは大人も同じですよね。

なるほどなるほど。ほんといいこと教わっちゃいました。
帰宅後、旦那と二人で、わが子の褒め合戦スタートです。


ちなみに、わが息子の自己紹介で思いついた自慢は、

「ぱいぱいを吸うのがとても上手で、母乳をあげるのに苦労したことがありません。」

でした。なんだか褒めなれていない私は気恥ずかしくて、余計なことも付け足しちゃいました。

「あまりに吸うのが上手なので、将来、少し心配です・・・・・。」


ママたち苦笑・・・。聞いてないって・・・という空気が蔓延。

慣れないことはちょっぴり恥ずかしいけど、
こうやって子供を通して、私も成長していきたいです・・・。
[PR]
by tanetane0821 | 2006-05-31 15:05 | 子育て
line

結婚して、妊娠して。いろいろあるなぁ。→まわりに甘えることを覚えて、感謝して、おかげさまで、の人生を。まだまだ器が小さい働く母の日常


by tanetane0821
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30